コラム

芯からポカポカ生姜マドレーヌ

この記事は2016年12月10日に地域日刊紙『大衆日報』に掲載されたものです。

 

コラム『おいしい おしゃべり』VOL.38 2016年12月号

寒くなりましたがいかがお過ごしでしょうか?

これからの季節、風邪には充分お気を付け下さいませ。

さて、今回は冬に嬉しい身近な食材、生姜のお話です。

 

生姜の旬は?

まずは生姜の旬について。

生姜は土の中で育ち、秋に収穫します。

食べ物は味的にも栄養的にも穫れたての旬に頂くのが一番!

なので、生姜の旬は今だ。と思いきや、収穫後の生姜は繊維がやわらかく、だいたい2か月間保管して固くなってから市場に出回るそうです。

 

生姜の食べ方は?

次に食べ方です。

日本では、生姜と言えば、豚肉の姜焼きや煮魚の下味に使ったり、お刺身や冷ややっこの薬味にしたり、お料理には欠かせませんよね。

そうそう、これからの季節にオススメなのが、生姜をたっぷり入れたモツ鍋です。

お好みの野菜も入れて、味付けは醤油、味噌、酒のみ。

栄養満点、体も温まり、とっても美味しいので是非作ってみて下さい。

 

漢方薬にもなっている生姜

そして昔から、「風邪のひきはじめには生姜湯を飲むと良い」と言いますよね。

生姜が体の芯からポカポカ温めてくれるからです。

また、生姜は漢方薬としても多く使われているそうです。

中国には「生姜は百邪を防御する」という言葉があるくらいです。

 

生姜の成分は?

まず、生姜の辛味成分「ジンゲロール」

このジンゲロールからできる2つの辛味成分「ショウガオール」と「ジンゲロン」

大切なのは名前より、その作用。

この3つの辛味成分は、ただ辛い味だけでなく、健康に良いという事が多くの研究によって実証されています。

今更研究発表されなくても、生姜が体に良い事は昔から誰もが知っている事ではあるのですが、その成分を研究する事で、生姜をどのように摂ると、より体に良いのかがわかってきました。

 

生で摂るか、加熱するかで効果が変わる?

どの成分も血流を良くして体を温める作用があるのですが、生で摂るか、加熱して摂るかで、成分ごとの効果が違ってくるそうです。

芯から温まり、ポカポカを持続させたい場合は、生姜を温めて摂るのが良いそうです。

やはり、生姜湯が最強でしょうか。

紅茶に生姜とハチミツを入れると、とっても美味しく頂けますよ。

 

食べると、ほんわか温まってくるお菓子

当店では、生姜をたっぷり練り込んだ生姜のマドレーヌを作りました。

ぜひお試し下さいませ。

生姜のマドレーヌ

※季節限定です。

 

山口由美子

大正3年創業 山口製菓舗 専務。1967年生まれ、おうし座。生まれも育ちも千葉県銚子。 趣味はギター弾き語りです。宜しくお願い致します\(^o^)/

本日もお読み頂きありがとうございました。
シェアをぜひお願い致します\(^o^)/

© 2021 山口製菓舗の公式サイト