コラム

早食い防止に食器を楽しむ

この記事は2018年4月21日に地域日刊紙『大衆日報』に掲載されたものです。

 

コラム『おいしい おしゃべり』VOL.54 2018年4月号

早食い防止に食器を楽しむ♪

体脂肪が気になり始めました。

年齢的に代謝が落ちてきたせいもあります。

最近は、ダイエットのために食べ方を工夫するようにしています。

その中で、一つ気が付いたことがありますので是非ご紹介させていただきます。

まず、「早食いは太る」と聞いたことがあると思います。

これは、満腹感を感じる前に食べ過ぎてしまうことが理由です。

食べてから脳が満腹と感じるまでに10~15分かかるそうです。

早食いをすれば、10分間に相当の量を食べることができてしまいます。

また、その他にも、よく噛まないことが消化と関係してダイエットに悪かったり、早食いをすると急に上昇した血糖値を下げるために働く体内システムが肥満につながるなどとも言われています。

とにかく、早食いはダイエットには良くないということですね。

そこで、私が実践した、ゆっくり味わえる食事方法がこれです。

食器やテーブルコーディネートにこだわることです。

こだわると言っても、本格的にではありません。

毎日、三度三度やってくる食事タイムですから、面倒なことでは続きません。

ちょっとしたことでいいのです。

季節によって皿を変えたり、その日の気分によって盛り付けを変えたりします。

楽しみながらやることが大切です。

そんなちょっとした工夫をすることで、目でも楽しめるようになり、自然と一呼吸置くようにゆっくりと味わいたくなる気分になります。

ぜひ、今の季節なら春らしい器などを楽しまれてはいかがでしょうか?気分も明るくなりますよ!

キャベツの形をしたガラスの食器に春キャベツのソテーを盛付けてみました♪

 

山口由美子

大正3年創業 山口製菓舗 専務。1967年生まれ、おうし座。生まれも育ちも千葉県銚子。 趣味はギター弾き語りです。宜しくお願い致します\(^o^)/

本日もお読み頂きありがとうございました。
シェアをぜひお願い致します\(^o^)/

© 2022 山口製菓舗の公式サイト