コラム

マドレーヌ派?フィナンシェ派?

この記事は令和3年(2021年)7月11日に地域日刊紙『大衆日報』に掲載されたものです。(コラム『おいしいおしゃべりNo.93』)

 

前々回では、『マドレーヌとパウンドケーキの製法の違い』をお話させていただきました。

では、マドレーヌとよく似たお菓子で『フィナンシェ』をご存じでしょうか?

美味しさがギュッと凝縮したお菓子で、『金塊』とか『金持ち』という意味

味も名前もリッチな焼き菓子です。

 

私は初めてフィナンシェをフランスのレシピ本で見た時に、まだ食べる前でしたから、

「フィナンシェとは、ただ台形の型で焼いたマドレーヌではないの?」

と思いました。

「同じ味なら貝型の方が愛らしいし、薄っぺらい台形では味気ないな~」

 

ところが、レシピをよく見ると話は違いました。

では、マドレーヌとフィナンシェの製法を比べてみましょう。

 

マドレーヌの主原料

溶かしバター、全卵、砂糖、薄力粉

 

フィナンシェの主原料

焦がしバター、卵白、砂糖、アーモンドプードル、薄力粉

 

マドレーヌとフィナンシェの大きな違い

・溶かしバターか、焦がしバターか?

・全卵か、卵白か?

・薄力粉のみか、アーモンドプードルを配合するか?

 

この製法の違いによって、最終的には食感、風味の全く異なったお菓子が焼き上がるのです。

 

マドレーヌとフィナンシェの食感と風味の違い

マドレーヌは、ふわふわ食感でやさしい風味

フィナンシェは、しっとり食感で濃厚な風味

 

 

何気なくフィナンシェを食べた後に、「マドレーヌよりもフィナンシェ派」という具合に、すっかりフィナンシェの虜になる人もいるくらいです。

皆様はマドレーヌ派?それともフィナンシェ派でしょうか?

 

山口由美子

大正3年創業 山口製菓舗 専務。1967年生まれ、おうし座。生まれも育ちも千葉県銚子。 趣味はギター弾き語りです。宜しくお願い致します\(^o^)/

本日もお読み頂きありがとうございました。
シェアをぜひお願い致します\(^o^)/

© 2022 山口製菓舗の公式サイト