コラム

塩味と甘味の対比効果

この記事は令和3年(2021年)11月13日に地域日刊紙『大衆日報』に掲載されたものです。(コラム『おいしいおしゃべりNo.97』)

 

 

視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚、人間には五つの感覚機があります。

これら五感を使って外部からの信号をキャッチします。

さらに、味覚には、甘味、塩味、酸味、苦味、うま味という5種の基本味があり、体に必要な栄養物を摂取するための大切な信号をキャッチします。

甘味は糖類に代表される味で、エネルギー源の存在を示す信号であり、塩味は体液のミネラルバランスの維持に関わる塩類の存在を示し、うま味はタンパク質の存在を示す信号です。

酸味は食物が腐敗しているかもしれない、苦味は毒物かもしれない、と危険を示す信号です。

このように私達は生命維持のために働いている味覚の信号を、「おいしい」とか「まずい」などと感じています。

食物を味わう時、甘味、塩味、酸味、苦味、うま味の複数の味要素が互いに作用し合う事を「味の相互作用」といいます。

その中の一つに「対比効果」があります。

塩味と甘味の対比効果の例として、スイカやお汁粉に少量の塩を加えることで、甘味が強まり美味しく感じられます。

この場合、塩味と甘味を同時に味わうため、「同時対比」といいます。

また、甘い物を食べた後、塩味の物を食べたり、その逆だったり、甘味と塩味を交互に食べると、味が明瞭に感じられて美味しく感じられる事を「経時対比」といいます。

甘いお菓子を食べた後のお煎餅って特に美味しいと感じませんか?(笑)

 

当店では、この度、千葉県立銚子商業高校、JAちばみどりと共同開発の『銚子ゆでピナンシェ』を新発売いたしました。

少し覚えにくい商品名ですが、『銚子ゆでピー』と『フィナンシェ』を合わせた造語です。

『銚子ゆでピー』とは、銚子産ゆで落花生のブランド名です。

フィナンシェとは、蜂蜜とアーモンドのコク深い焼き菓子です。

銚子ゆでピーの塩味とフィナンシェの蜂蜜の甘味が絶妙の相性で、まさに「塩味と甘味の対比効果(同時対比)」が生きた美味しいお菓子が完成いたしました。

毎年、銚子ゆでピーが出回る時季限定の商品となります。

(イオン銚子店1Fギフト銘店にて販売中です)ぜひ、ご賞味下さいませ。

 

塩味と甘味が美味しい『銚子ゆでピナンシェ』

山口由美子

大正3年創業 山口製菓舗 専務。1967年生まれ、おうし座。生まれも育ちも千葉県銚子。 趣味はギター弾き語りです。宜しくお願い致します\(^o^)/

本日もお読み頂きありがとうございました。
シェアをぜひお願い致します\(^o^)/

© 2022 山口製菓舗の公式サイト